珪素(Si)は地殻に一番多い物質であり元素記号は14番、シリカやシリコンとも言われています。珪素が純粋な形で存在することはなく酸素と結び付いてケイ酸などなって存在しています。

珪素は一般的に不溶性で工業(半導体や研磨剤)、農業(土壌改良や肥料)、畜産(飼料や消臭剤)、化粧品(調湿剤など)、医薬品(安定剤など)、食品(ろ過助剤など)、環境(建築資材など)分野において活用されています。

珪素は微量ミネラルの1つであり根菜類を中心とした野菜を中心に水溶性の珪素として体内に栄養として吸収されています。


水溶性珪素「umo®」は水晶石の活用と植物性珪素による特殊な抽出法によって抽出されたアモルファス(非結晶)水溶性珪素です。

今までは野菜など食物からしか摂ることが出来なかった珪素を人工的に完全に水に溶解する珪素を作ることことに成功しました。実証された高い安全性をもとに食品だけではなく医療・環境・農業・水産・畜産などあらゆる分野にて革命的新素材として活用されています。水溶性珪素umo®の普及から12年間で各大学との共同研究をはじめ日本珪素医科学学会や日本珪素医療研究会などでも日々研究が進められています。